スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)

【ネット戦略~現場報告】長野

 無党派層からの支持が“生命線”ともいえるみんなの党の新人、井出庸生氏は、正式出馬表明が5月末と他候補よりも遅れたこともあって知名度の浸透が至上命題だ。元記者らしく現場を足で稼ぐ選挙活動を基本にしながらも、ブログにはプロフィルや政策、記者会見時の動画などを公開、ミニブログ「ツイッター」も活用している。

 民主党2人目の公認候補、新人の高島陽子氏も似たような立場だ。無党派層の支持を得ようと、ホームページ(HP)に動画やブログ、ツイッターと豊富なコンテンツをそろえ、知名度の浸透に躍起だ。県議を辞職した5月11日以降ほぼ毎日ブログを更新し、演説風景などの動画も投稿している。「自分の演説を客観的にみて、不要な言葉を多用していることに気づくこともでき勉強になる」とチェックにも余念がない。

 一方、HPにプロフィル、防衛省へのリンクなどが張られた同党の現職、北沢俊美防衛相の場合、事情はやや異なるようだ。陣営では「ネットは有効なツールの一つ」と位置づけ、本腰を入れて取り組んでいるのだという。圧倒的な知名度を誇る現職閣僚とはいえ、担当の普天間移設問題が、鳩山前政権のもと迷走したこともあって楽観視などできないといったところかもしれない。

 自民新人の若林健太氏や共産新人の中野早苗氏らは立候補を表明する前からブログを活用。日々の活動内容を記しながら、ほぼ毎日更新している。

【関連記事】
動画を活用 イケメン代議士や双方向サイト
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
【勿忘草】ネット世代の活用
【Web選挙】(中)新ツールに飛びつく政治家たち 効果のほどは「?」

路上で600万奪われる=男が75歳女性殴り逃走―東京(時事通信)
日本政府、被災地に医療機器=中国・青海地震で1億円相当(時事通信)
<東京メトロ>東西線日本橋駅ホームで煙(毎日新聞)
<診療報酬詐欺>山本元理事長に2審も実刑判決 大阪高裁(毎日新聞)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
スポンサーサイト

老朽水道管 大阪29%…全国平均の5倍 事故も相次ぐ(毎日新聞)

 大阪市の上水道管総延長5192キロのうち、29%にあたる約1500キロが耐用年数(40年)を過ぎていることが、市水道局への取材で分かった。大阪市は全国平均の6%を約5倍も上回っている。同市では115年前から水道事業を始めているという事情もあるが、老朽化した水道管の更新は財政難からあまり進まないのが現状だ。全国でも更新は年間で総延長の1%しか進んでおらず、各地で漏水事故が相次いでいる。

 大阪市では水道管の更新は年間平均60キロのペースで進めているが、既に耐用年数を過ぎている配水管の更新だけで25年はかかる計算だ。担当者は「事故が起きないよう地盤が緩い場所などにある管を優先的に更新している」と話している。8%の堺市では今年度約29キロ分の老朽管を更新する予定で、更新にかかる予算は24億4600万円にのぼる。神戸市では6%、京都市は13%が老朽化している。

 一方、全国では上水道管の総延長61万キロのうち、耐用年数を過ぎた管は6%超の約3万8000キロ。70年代に集中整備されたため今後一斉に更新期を迎え、10年後に2割、20年後には4割を超える見通しだ。

 老朽化が原因とみられる漏水事故も目立つ。大阪市では01年、中央区で1922年敷設の水道管から大量の水がわき出し、道が冠水。05年には阿倍野区でも70年以上前に埋設した水道管が破裂、周辺の約1500戸が断水した。

 長崎県佐世保市では昨年11月、用水路から水が噴き上がり、断水は周辺約1500世帯にのぼった。用水路下に敷設された直径25センチの管に約10センチの亀裂が見つかった。厚生労働省によると、被害が100世帯を超える漏水事故は08年度までの3年間に全国で少なくとも年間14~19件起きた。老朽化で家庭などに届くまでに管から漏れる水量は年間供給量の7%にあたる11億トンに上る。

 水道事業は市町村などの事業者が住民からの使用料金で運営している。しかし、水需要の伸びは期待できず、経営環境は極めて厳しい。水道事業者でつくる日本水道協会は「財政事情が厳しいのに、地方の首長の中には、選挙などの際に使用料の引き下げを訴える人もいる。事業効率化は大前提だが、住民も負担の在り方を真剣に考える必要がある」と訴えている。【小林慎、佐々木洋、山田英之】

【関連ニュース】
水道管:3万8000キロが耐用年数超え 更新進まず
川崎・中原区の配水管漏水:委託業者の機器設定怠りが原因--市上下水道局 /神奈川

「雷鳥」来春でお別れ…大阪と北陸結び46年(読売新聞)
菅新首相「空白なく対策を」農水副大臣に指示(読売新聞)
新たな腎細胞がん、多発性骨髄腫治療薬の承認を了承―医薬品第二部会(医療介護CBニュース)
<鳩山首相辞任>毎日新聞号外を配布(毎日新聞)
<菅首相>普天間移設、出口見えず 「日米合意を踏襲」(毎日新聞)

和歌山「正論」懇話会 木村汎氏講演「北方領土、正当性主張を」(産経新聞)

 和歌山「正論」懇話会の第61回講演会が25日、和歌山市内のホテルで開かれ、木村汎(ひろし)・北海道大学名誉教授が「ロシア双頭政権の対日政略-鳩山政権への提言」をテーマに講演した。木村氏は、鳩山政権の北方領土問題解決に向けての姿勢について「この難問を解決するための格別の妙案、具体的手だてを持っていない」と述べた。

 ロシア側が提案している「独創的なアプローチ」については「北方領土問題を両国合意による法と正義の原則を基礎に解決することを明言した東京宣言を軽視している」と批判。メドベージェフ大統領とプーチン首相の「双頭体制」は、経済援助を優先させたいとの思惑があると指摘し「日本側は北方領土の歴史的経緯と返還要求の正当性を主張すべきだ」と強調した。

<口蹄疫>感染した疑いが強い牛と豚 宮城の5農家で確認(毎日新聞)
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」(産経新聞)
参院、NHK委員の同意人事案を可決(産経新聞)
高松港に「太平洋の白鳥」登場 船の祭典2010開幕(産経新聞)
韓国艦沈没事件で対応協議 鳩山首相(産経新聞)

マンション火災 焼け跡から男性の遺体 東京・江東区(産経新聞)

 14日午前6時半ごろ、東京都江東区高橋のマンション9階、小俣光雄さん(76)方から出火、鉄筋コンクリート10階建てマンションの部屋など計約100平方メートルが焼けた。焼け跡から男性の遺体が見つかり、警視庁深川署は連絡が取れない小俣さんとみて、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、小俣さんは妻と2人暮らし。妻は出火当時、不在だった。同署で出火原因を調べている。

【関連記事】
川崎でマンション火災 2人死亡、1人重体
重体の父親が死亡 川崎のマンション火災
屋上からヘリで救助 建設中マンションで火災
死亡女子大生に刃物の傷 千葉のマンション火災
ぞうきん、軍手で発火? 自動車火災に「意外な原因」
少子化を止めろ!

淀川女性遺体 「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)
生きる 心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
<不法投棄>容疑で6人逮捕 田畑に産廃3万トン 愛知(毎日新聞)

国民投票法、18日に施行 自民、改憲案提出へ (産経新聞)

 自民党は12日、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日に施行されることを受け、施行後直ちに憲法改正原案を国会に提出する方針を固めた。石破茂政調会長が12日の記者会見で表明した。

 改正原案は、(1)83条で財政健全化を義務づける(2)96条の憲法改正手続きの要件のうち改正の発議に必要な衆参両院それぞれ総議員の「3分の2以上」の賛成を「過半数」に引き下げる-の2点を盛り込む。

 国会法によると、改正原案の提出には衆院で100人、参院で50人の賛同が必要だが、自民党はいずれにも単独で提出できる。

 自民党が改正原案を提出する背景には、衆参両院の憲法審査会が平成19年8月に設置されたものの、一度も開会されていない現状に一石を投じる目的がある。また、改正に賛否両論を抱える民主党を揺さぶるねらいもありそうだ。

沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」-徳島県警(時事通信)
デザイナー人生60年 集大成は「死装束」(産経新聞)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
<児童ポルノ>遮断へ、来月にも具体策 規制範囲が焦点に(毎日新聞)
プロフィール

せとけんじ

Author:せとけんじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。